2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/09/25 青春

恋愛睡眠のすすめは よかった
というのも シャルロット・ゲンズブールがすきだから

今回は その監督 ミシェル・ゴンドリーの自伝的青春ロードムービーを観に行った


内容は置いといて
最後に 少し大人になった主人公に
第三者としては イエスって 小さくガッツポーズをしたくなった


ぼくも 小学生のとき 近いことを経験した

初恋の娘 Sちゃんと そのまわりのグループ男女6人ぐらいで
15キロ程 離れた 隣町まで 買物(今 おもうとデートのような・・・)に行くと聞いた
正直 いっしょに行きたかったが メンバーに入れてもらえず
でも なぜか バスに乗る時間や まわる場所は 教えてくれるという
あれは なんだったのか いまだにわからない状態で
友達のAくんも そのグループに好きな娘がいて
ふたりで あいつらを尾行しようと
当日 そのグループに教えてもらった時間のバスに 乗り込むんだけど
もちろん 鉢合わせる訳で
言い訳をしながら 現地手前で おれらは 用があるから ここで降りると言って
その後 急いで 彼らがまわる場所に行って
尾行して(行く先々で会うもんだから あんなもん ばればれだっただろうに・・・)
途中で いやになって
Aくんと 来た道を 歩いて帰ることにしたんだけど
携帯もなにもない時代なので どこを歩いているかもわからなくなって
人に道を聞きながら とぼとぼと 15キロ程 歩いて帰ったことがある

もちろん
自分としても 第三者として見ても ノーって しかめっつらをするような出来事だったけど
あれが 青春だったのかもしれない

いや
違うかもしれない・・・

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<告知 | TOP | 趣味 手ぬぐい収集>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://offbeatdancer.blog18.fc2.com/tb.php/1275-a00858c6

| TOP |

::プロフィール::

レトロトーンと伝書鳩

レトロトーンと伝書鳩
なつかしい 音を

伝える 鳩の

おはなし

::日記::

::月別::

::リンク::

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。