2017・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/01/25 シールドを作る

本日 自作シールドを作るため
秋葉原に行って 買物して来た


やり方 注意点 自分でわすれないように ここにメモる

読んだ人 参考にしてもいいけど やり方 間違ってるかもしんないし
失敗しても責任とれません

ぼくも 友達や 他のサイトを参考にしてるだけですので
他のサイトのほうが わかりやすいとおもいますよ

友達なら 連絡ください
工具 貸したり 直接教えたり 作ったり しますので

工具 そろえると そこそこ高いからね



じゃ そんなかんじで スタートっ

さて まず 必要なもの
値段が書いてあるのは 今回 購入したものの値段
たぶん Sウンドハウスとかのほうが安いものもあるとおもうので
参考までに


ケーブルは Belden 8412にした
若干 太くて 曲がりづらいので パッチケーブルには 向いてないのかも
Belden 9395 とか Mogami 2524 とかも 安くて いいらしい

ほんで ふつうに黒とか つまんないので 青ケーブルにした
色付きだと ステージで踏まなそうだし 忘れなそうだし
最悪 忘れても ライヴハウスの人に 教えてもらえそうだし

これ 7m(3m+3m+0.3m+0.3m+残りm 計5本分)購入したんだけど
帰ってきて コンベックスで測ったら 7.5mあった
サービスなのかな?

《ケーブル》
Belden 8412 blue <1m560円>


プラグは SWITCHCRAFT が スタンダードらしいのでこれにした
今回は Sプラグ4個 Lプラグ6個

《プラグ》
SWITCHCRAFT STRAIGHT PLUG #280 <1個280円>
SWITCHCRAFT L PLUG #226 <1個480円>


はんだは KESTER44 がいいらしい
短く切ってあるのが売ってたので それにした
丸々1巻きは いらないもんね
熱収縮チューブは あってもなくても いいみたい
ただ このチューブを縮める工程が 最強にたのしいっ
ケーブル留めもなくてもいいけど
Belden 8412 が あまり曲がらないし
縛るのも あんまよくないような気がして 購入
これも 黒だとつまんないので オレンジにした

《材料等》
はんだ KESTER44 <5m500円>
熱収縮チューブ スミチューブ8φ <1m310円>
ケーブル留め <1340円>


工具は一応 使ったものを並べたけど
代用できるものがあれば それでもいい

保護具だけど 若干 はんだ 飛び散るし ケーブル切るとき あぶないから
軍手とか 長袖にするとか 工夫したほうがいい
眼球保護にゴーグルもあったほうがいいって 他のサイトに書いてあった
ぼくは めがねかけてるので いらなかったけど

《工具等》
はんだごて 40w <840円>
はんだごて台 <760円>
はんだ吸取線 <210円>
金切りはさみ(カッター,はさみでも可)
ストリッパー(カッター,はさみでも可だけど あったほうが楽)
ペンチ(これはふつうの)
ラジオペンチ(これはちっこいの)
ミニチュアニッパー(これもちっこいの)
ピンセット(先がとがってるものがベスト ふつうのものなら 楊枝も追加)
コンベックス
定規(あってもなくても)
軍手(あったほうが)
エフェクター(壊れてるのでも なんでもいい)



さて じゃあ さっそく 作る

ここでは むずかしかったパッチケーブルを 写真付きで書きます
写真は 携帯で撮ったので 見づらいです ごめんなさい

ケーブルとプラグは
Belden 8412 と SWITCHCRAFT L PLUG #226 を使用


まず Belden 8412を コンベックスで測り 切る
ジョギっという音が 気持ちいい
パッチケーブルなので 0.3mにした


SWITCHCRAFT L PLUG #226を 分解すると 左3つになる
これを2セット準備
右の黒いやつは熱収縮チューブ30mmに切る(SWITCHCRAFT STRAIGHT PLUG #280の場合 40mm)
IMG_20140126_080009.jpg


端から15mm分 はさみやカッターを使って 被膜を剥く
Belden 8412は 外側のゴム部分と その中の紙みたいなのを剥く
IMG_20140126_080124.jpg


すると こうなる
IMG_20140126_080046.jpg


この銀の網目の線を ピンセットとか楊枝で ほぐし 広げていく
そうすると 中から 絶縁物みたいな 糸くずみたいな 紙みたいな ごみみたいなものが出てきて
その中に 白と黒の線が出てくる

ごみみたいなものは ニッパーなんかで 切り捨てる
白と黒の線は ストリッパーなんかで 9mmくらい被膜を剥く
すると 白と黒の芯線が出てきて こうなる
下でびろびろしてる線が 網目の線 ほぐした線ね
IMG_20140126_0804011.jpg


ほんで ここ 超重要だとおもわれる

まず Beldenは指向性のあるケーブルです
Belden の B 側が 楽器側
Belden の n 側が アンプ側
これをまず 覚える
簡単だけどね

ほんで Lプラグでパッチケーブルを作るので
エフェクター間に 挿すときのイメージをする
実際に エフェクター間に あててみてもいい
エフェクターって挿す口がいろんな方向にあるのよね
IMG_20140126_080401.jpg

これは もっとあとの写真だけど参考までに
このようにはんだ付けすることになるので
網目の線の出ている方向に プラグを挿すことになる
IMG_20140126_080621.jpg

なので これから 網目の線をまとめて 白と黒の芯線をまとめるんだけど
網目の線をまとめた時点で プラグを挿す方向が ほぼ決まる
ちなみに こちらも重要ですが 最重要なのは 逆側を作るとき
逆側を整えることで リカバリーは十分できます

一応 これらをふまえて 網目の線をまとめて 白と黒の芯線をまとめる
網目の線は まとめづらいので まとめる裏側の線は切り捨ててもよい


すると こうなるんだけど
写真 わからなすぎて ごめん
細かいところは 他のサイト 見てっ
IMG_20140126_080443.jpg


ここで ケーブルの逆側から 熱収縮チューブ,透明絶縁チューブ,プラグカバーを通す
これは 最初の片側なら いつでもいい
片側がおわって 逆側をやるときは 最初に入れないと だめよ
入らなくなるから
わすれると 最初からやり直しになるから 忘れないでね
IMG_20140126_080534.jpg


そしたら プラグを エフェクターに挿す
ケーブルを留めるUに曲がっている金具は広げておく
IMG_20140126_080756.jpg

網目のまとめ線に 予備はんだ付け
IMG_20140126_080621.jpg

白と黒のまとめ芯線は 短い金具の穴に 下から上に通して はんだ付け
網目のまとめ線は長い金具のあたりにはんだ付け
IMG_20140126_080849.jpg

関係ないところに 線が接触してないか 確認したら
熱収縮チューブで 覆って
IMG_20140126_080919.jpg

ライターなんかで 熱収縮チューブをあぶると
こうなるっ
ここ 最強に気持ちいいっ
IMG_20140126_080952.jpg

その上に透明絶縁チューブをかぶせて
プラグカバー くるくるすれば
片側 できあがりっ
IMG_20140126_081052.jpg


そしたら 逆側
熱収縮チューブ,透明絶縁チューブ,プラグカバーを最初に通してから
はじめてください
あとは おんなじです

両側 作ると こうなる
IMG_20140126_081129.jpg

おわったら 実際 ちゃんと音が出るか確認して 完成っ


途中 エフェクター間に 挿すときのイメージをすると きれいにこっちを向く
パッチケーブルで Lプラグ のときだけ だけどね

ちなみに 必ずしも この写真の方向が正しいわけではないので
イメージは あくまでも 自分のエフェクター間のイメージで


最後に シールでもなんでも どこかに貼って
指向性をわかりやすくするといいかもね
ライヴハウスなんかの 暗いところで
いちいち シールドの文字 見たりしなくていいので



じゃあ 感想

まず わかりづらい文章と写真
ごめんね

講座として 読む場合は 他の講座サイト 見てね


とりあえず 今回は
Belden 8412 blue 3m + SWITCHCRAFT STRAIGHT PLUG #280 が2本
Belden 8412 blue 0.3m + SWITCHCRAFT L PLUG #226 が1本

3m のものには ケーブル留め も つけて 完成


値段的には
Belden 8412 blue 3m + SWITCHCRAFT STRAIGHT PLUG #280 は 2400円くらい
Belden 8412 blue 0.3m + SWITCHCRAFT L PLUG #226 が1本 1300円くらい

たぶん 1本1000円から2000円くらい 安く あがったんじゃないかな?


まあ なんにしても 勉強だわね


今 使っているシールドは ぜんぜん断線しないけど
ほんとは消耗品なんだろうし
黒いシールド あきたな って おもってたので

すきな色で作れて 安くて
愛着 わくし 修理もできるだろうし
つかれたけど よかったわね


これから 作りたい人は
根気がいるから がんばって


あと 火傷 怪我に注意

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<かいぼり | TOP | 空気人形>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://offbeatdancer.blog18.fc2.com/tb.php/1063-170d6770

| TOP |

::プロフィール::

レトロトーンと伝書鳩

レトロトーンと伝書鳩
なつかしい 音を

伝える 鳩の

おはなし

::日記::

::月別::

::リンク::

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。